主婦アフィリエイターのメモ帳

作業中の「はてな」をメモしていくブログです。

バーチャルオフィス(住所貸し)に申し込み

ppcアフィリのためにバーチャルオフィスが必要になりました。

ppcアフィリの場合、「特定商取引法に基づく表記」で自分の本名と住所を明記する必要があります。

でも、出来れば不特定多数が閲覧するサイトに自分の本名と住所をさらしたくないですよね。平気だという方もいますけれど。

会社にしている場合ですと、会社名と事業住所で対応出来ますが、個人事業だとちょっと辛い。ということでバーチャルオフィスで住所をレンタルすることにしました。

 

バーチャルオフィスにも色々なサービスがあって、基本は住所を貸してくれます。オプションで郵便物の転送も有料でしてくれたりします。

 

その住所がある建物に会議室があって、実際に使うことも出来るサービスもあります。

 

私はサイトにかける住所だけが必要なので、一番基本の住所貸しのサービスだけ。

 

適当に安い業者をみつけましたが、お金を払ってすぐに住所が使える・・・と言うわけではないようです。

 

申し込みには本人確認書類の画像も必要で、私の本当の住所に郵便物が送られてきて、それに記載されている受付番号を改めて入力することで、サービス開始のようですね。

犯罪に使われてることも多いバーチャルオフィスなので、こういう措置をとっているのでしょう。

 

今回私が申し込みをしたのは、オフィスゼロワン。

キャンペーンで、初期費用が3000円、月額料金が500円です。(税別)

 

調べてきた中では格安でした。最低半年払いなどの縛りがなく、1ヶ月から利用できます。

 

本日申し込みをして、郵便物発送のお知らせが来たので、明日か明後日にバーチャル住所が手に入るはず!

賢威7 テンプレートを変えたらヘッダー画像が最初のものから変わらない

ワードプレスに限らず新しいテンプレートを導入したら色々試してみたくなりますよね。

 

高いお金を出して賢威7を買ったので、スタンダード版やプリティ版などを試してみました。そうすると最初に設定したテンプレートヘッダー画像から変わらなくなったのです。

 

賢威のサポートに聞いてみたら、原因はともあれぶっちゃけそういう仕様のようで、ヘッダー画像をテンプレートから抜き出して、設定し直さなければならないようです。

 

それって改善できるのでは・・・正直思いますよね~。

 

しかも賢威6と7では大分中身が変わっていて、サポートチームが教えてくれたのは賢威6での設定方法。微妙にファイル名とかが違っていて、わかりにくいことこの上なかったです。

 

ブックマークアイコン(ファビコン)をオリジナルで作成(WP賢威7)

WPでブログを作成時、ブックマークアイコン(ファビコン)もオリジナルで作りたいとき。

 

 

1.真四角のオリジナル画像を作る。

2.以下のサイトで、ファビコン画像に変換して適当な場所に保存

https://ao-system.net/favicon/

3.ドメイン名/wp-content/themes/賢威のテーマ/favicon.ico に「favicon.ico」を上書き保存。

 

でも!反映されない!なぜだろう。

キャッシュの削除を試したけど反映されない とりあえず保留。

反映されていないのはファイヤフォックスだけで、クロームでは反映されていたのでいいことにする。

 

 

賢威7でアナリティクスコードをいれると403エラー

サーバー設定

WAFを無効に

ワードプレスの画像アップロードエラーの超かんたん対処法

ワードプレスで画像をアップロードする際に「アップロードに失敗しました。後ほどお試しください」といったエラーが発生。

後ほど試してもやっぱり同じエラーメッセージです。

 

ググってみると、ワードプレスの画像アップロードエラーはよくあることみたいで、色々な対処法がヒットしましたが、なんだかよくわからず面倒な方法が多いので、一番簡単な方法を試してみたら無事に解決しました。

 

ワードプレスのダッシュボード画面から、プラグイン-新規追加-プラグインの検索窓で

Head Cleaner】を新規追加。有効化してから設定画面の「キャッシュファイル削除」の青いボタンをクリック。

 

これで完了です。

 

私の場合はこのプロセスで画像アップロードエラーは直りました。

サーチコンソールにサイトマップ送信をしてエラーになる

サーチコンソールに無事サイトを設置出来ると、次にしたいことはサイトマップの送信です。

 

方法はとても簡単で、サーチコンソールに設置したサイトのプロパティを開き、サイトマップ送信の画面を開き下記のように入力します。

 

f:id:eaegktrxdbbyvlinkm5tu3tnjt:20170130201120j:plain

これで、送信をクリックすればめでたしめでたし・・・なのですが、エラー表示がでてしまいました。

 

こんな感じ↓

 

f:id:eaegktrxdbbyvlinkm5tu3tnjt:20170130201240j:plain

色々調べていくも、サイトマップ送信エラーは結構根が深いみたいで、さっぱりわかりません。あるサイトに「時間が解決する」というのがあったので、1日ほど経ってから再トライしてみます。

 

追記

「時間が解決する」を信じて一日待ってみましたが、依然エラーのまま。

 

仕方がないのでエラー詳細の「「ネットワークにアクセスできません: robots.txt にアクセスできません。robots.txt ファイルがサイトのルートに見つかりましたが、ダウンロードできないためサイトマップをクロールできませんでした。アクセスを可能にするか、削除してください。 」をそのままググってみたところ、robot.txtを作成してルートディレクトリに入れてみる・・・という解決案がありました。

 

ルートディレクトリをみてみると、確かのrobot.txtはありません。

 

試してみたところ、無事解決!やったー!

以下に手順を書き記しておきますね。

 

テキストファイルを開き、下記をコピペ。アンダーライン部分は該当のサイトURLです。

 

User-Agent : *
Sitemap : http://*********.com/sitemaps.xml

 

2.

robots.txtというファイル名で保存して、該当サイトの一番上のディレクトリ(sitemaps.xmlファイルと同じ階層)に設置してアップ。

 

これで無事にエラー解消となりました。

 

グーグルのヘルプを読んでいると、robot.txtは必ずしも必要ないとあるし、他のシリウスで作成したサイトではrobot.txtがないサイトでもエラーを起こしていないものもあるので、はっきりいってよくわかりません。

 

でもとりあえずエラー解消したので、同じようなエラーで苦しんでいる方は試してみてくださいね。

Win Shotで取りこんだ画像の保存場所

パソコンの画面をキャプチャーするお役立ちフリーソフトのWinShot。シンプルで使いやすいのですが、ちょっと困ったことが。

 

とりあえず使うだろう・・と思った画像をバシバシキャプチャーしていくと、デスクトップに保存されていき、デスクトップがごちゃごちゃ状態に。

 

これはいかんと保存場所を変えてみました。

 

とても簡単。

 

WinShotの環境設定で、基本設定の保存設定のところに新しいフォルダを設定すればいいだけです♪

 

これでデスクトップはいつもきれい!・・・なはずw